【ネトゲ】信on公式がネカマ率の調査をしている訳だが【恋愛論】

信長の野望オンライン公式Twitterで、ネカマ率を探るアンケートをしています。




このネカマ率調査アンケートを見て先生はある事を思いました。


まず、信on公式Twitterが今回のネカマ調査アンケートに至った発端の公式tweetがこれ↓です




公式さんがちょっと浮かれ気味で
唐突に女性プレイヤーの割合についてtweetしていた。

更には
夜更かしのお肌荒れにはご注意されつつ」とか女性に優しさアッピールまでしている。


そして今回のネカマ率調査アンケートである。




この一連のtweetを見て、大軍師伏竜先生はわかった。


ははん。


さては


公式さんあなた、


信onで


好きな女性キャラが出来ましたね! (確信)



大軍師伏竜の目はごまかせませんぞ。


だが、信onはネットゲームである。


そして恋は盲目ともいう


この浮かれ気味の公式さんに
警鐘の意味も含め先生は、リプライを送った。





公式さんから即「いいね!」を頂く。
よかった。先生の思いは届いたようだ。


浮かれていた公式さんも、先生からの警鐘リプライで
「ネカマ」の可能性に気が付き、ふと我に返ったようだ。



急にテンションも低くなり、こんなtweetをしていた






先生からのリプライを受け取った時の、公式さんの心情はこうだっただろう。




なんだって2


なんだって1






公式Twitterは以前は無機質な機械的なtweetがほとんどだったのだが
ある日を境にtweetの趣が変わった。


きっと公式の中の人が変わったんだろう。


ユーザー主催の市などのイベントにもこっそりやってきて
SSを載せたりしてくれる。

MMOの醍醐味は人と人とのつながり。
先生は今の人間味あふれる公式tweetが大好きだ。


けど、ネカマという可能性を先生から指摘され、
激しく動揺し、ネカマ率の調査アンケートを行い始めたという事から

おそらく、公式の中の人はネットゲーム歴が浅井、いや浅いのかもしれない。


だけど安心するんだ!


ネットゲームを遊ぶ男子たる者
ネカマに騙され、ときめき惚れてしまうなんて
誰もが必ず通る道なのだから!






ご覧のように先生も、ゲーム内でめちゃくちゃ萌えキュン巫女と仲良くなり
いざオフ(リアル)で会う約束をしてみたものの、来たのはガチムチ♂だった。

こんな出来事は先生クラスになれば日常茶飯事だ。


ん?なんだって?
「先生でもさ、女性だと思ってたのに男が来ちゃったらどうするのさ?気まずくない?」


アホか。


「こまけぇこたぁいいんだよ!!」


宇宙より広い心の持ち主伏竜先生が
女だの男だの、そんな細かい事をいちいち気にする訳がなかろう。


だから公式さんも、
思いを寄せる萌え巫女たんがネカマかどうかリサーチする為に
白々しくアンケート調査までして


「こまけぇ事を気にするんじゃねぇ!」



公式さんもこれから惚れた巫女(多分ネカマ)と
オフで会う事になるかもしれない。


そんな公式さんに、伏竜先生の名言を送って
今日の記事を〆たいと思います。



皆様もご起立のうえ、ご一緒にご唱和願います。



~道~


この道を行けばどうなるものか


危ぶむなかれ


危ぶめば道はなし


踏み出せば


その一足が道となり


その一足が道となる



迷わずゆけよ


行けばわかるさ



いくぞ!



1、


2、


3、



「アッーー!!」








アッー







~新しい扉を開ける夜は熱い~



信on公式さんの恋の行方は如何に?


新しい扉は解き放たれるのか信on公式Twitterの今後に乞うご期待!



公式Twitterが突然オネェキャラになった際は
全てお察し下さい


にほんブログ村





ここから謝罪です。

またもやブログ次回予告と全く違う内容の記事を書いてしまい、
国勢記事を期待してた方、誠に申し訳ありません。

だが反省は(ry

先生が思うのは、こういうブログやゲームなど趣味的なものを長く続ける為には

「好きな事を好きな時に好きな分だけ」

これが大事だと思うんです。

という訳で、
国勢記事も今後とも変わらず書かせて頂きますので
何卒宜しくお願いします。



それともうひとつ、
本記事中に「ネカマ」と何度も書きましたが
ネカマに対してネガティブなイメージは一切ありませんし
ネカマプレイを貶めるような意図も一切ありません。

先生も女性キャラを持っています(いわゆるネカマプレイはしてませんが)


信onで遊ぶのに、中の人のリアル
年齢、職業、性別、性癖
なんて関係無いじゃん!

だからみんな仲良く遊ぼうよ\(^o^)/というのが
先生のモットーなのです。


ランキングにも参加してますので
ポチッ↓頂けると嬉しいです


にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0